データは劣化しないので長期保存がしやすい

印刷した写真をアルバムに入れている人は少なくないでしょう。しかし。そういった写真は年月が経つと色あせたり、あるいはアルバムの土台とくっついてしまい、剥がそうとしても剥がれず、無理に剥がしてしまうと破れてしまうといったことが起こりえます。そのようなことを防ぐために、写真をデータとしても保存することをおすすめします。データで保存した場合のメリットですが、まず、どれだけの時間が経過しようとも、色があせてしまうということがなくなります。デジタルデータは劣化しないからです。

また、保存するにあたってアルバムを用意する必要がありませんし、CD-Rなどの物理メディアを使う必要もありません。近年、スマホの保存容量はどんどん大きくなっているので、撮影した数千枚程度の写真をそのままにしておいても特に問題がないからです。

プリントアウトしてアルバムを作るのも簡単

データ保存した写真をやっぱりアルバムにしたいという場合も簡単です。アルバムに載せたいデータを指定して作成業者に送るだけで済みます。同じ内容のアルバムを何冊も作ることが可能なので、子供の写真をアルバムにまとめて自分の方の祖父母だけではなく、義理の祖父母にも送るというのも簡単です。一方、データ保存する場合の注意点もあります。それは必ずバックアップを取っておくということです。データは劣化こそしませんが、保存先のハードディスクやフラッシュメモリの破損により消える可能性はゼロではありません。 スマホにデータとして残すのであれば、アプリを用いてインターネットストレージに保存するといいでしょう。バックアップを自動化しておけば、新しく撮った写真でも勝手にアップロードしてくれので楽です。