ハードディスクやパソコンに残す

写真のデータ保管には大きく2つの方法があります。1つ目の方法は、パソコンやハードディスクなど記録媒体にデータとして保存をする方法です。代表的なものはパソコンのハードディスク、外付けのハードディスク、USBメモリーなどさまざまなものがあります。メリットは記憶容量が大きく、大きなサイズのデータであっても大量に保管することができます。写真だけでなく動画データであっても容易に保管することができる容量があります。デメリットとしては、自動で保存をしていくことができないものが多いので、自分で保存する手間があります。また、再生するためにはパソコンやタブレットなどの機器が必要になりますし、データの持ち運びがしにくい欠点があります。

最近流行りのクラウド方式

近年写真データの保管方法として主力になってきているのがクラウド上にデータ保管する方法です。端末にデータを保管するのではなく、指定されたサーバーにデータ保管していくので、自動的に写真データーの保存ができます。また、保存したデータは自由に閲覧することができ、見たい人に送信したり、1つの写真データーを一緒に見たりすることもできます。スマートフォンやタブレット端末ではこの方式が主力になっています。
一方、デメリットとしてデータの容量が初期設定では小さく、大量の写真を保管するのであればデータ容量を追加する必要があります。また、インターネットに接続をしていないとデータを見ることができず、容量の大きいものは閲覧に時間がかかります。