お店や自宅で印刷しよう

デジタルカメラやスマートフォンなどで撮影した写真は、プリントすることで、デジタルデータではなく実物として残せます。プリントする方法で、一番簡単なのはお店に持っていきプリントしてもらう方法です。街にあるカメラ屋がデジタルデータの写真の現像にも対応している場合が多いので確認してみましょう。また、プリンターを所有しているなら、自宅で印刷することができるかもしれません。一昔前の製品ならパソコンが必要でしたが、現在ではプリンターだけで印刷できる製品もあるのでチェックしてみることをおすすめします。プリンターにSDカードやUSBメモリを挿入して、デジタルデータを読み込ませたあとは、簡単操作でプリントできるので試してみましょう。

適切な方法を選び保存

お店やプリンターを活用して無事にプリントができたのなら、次は保存方法をしっかりと考えなければいけません。やはり、紙に印刷することになるので、時間が経過することによる劣化は防げないからです。できる限り長い間写真を楽しめるようにしようと考えるときは、UVカットや湿気防止機能が付随したアルバムを使うことをおすすめします。ジメジメとした湿気や太陽光から写真を守ってくれるため、適切な状態でプリント保存が行えるようになります。もしも、飾って楽しみたいと考えるときは、UVカット加工が施されたフォトフレームを活用しましょう。飾るということは太陽光に晒される可能性が高いので、UVカット加工がなければ短い期間で色あせてしまう可能性が高いです。