データは消えてしまうことがある

写真をデータで残した場合、保存場所も取らず、劣化もしないので一見いいことずくめのようですが、デメリットもあります。まず、一番のデメリットはデータが消える可能性があること、そして消えてしまうと復元が非常に難しいことでしょう。データが消えるのは保存媒体に要因があります。たとえば、ハードディスク保存した場合、機械的故障によってデータが読み出せなくなる、あるいはコンピューターウイルスなどによって不正に全データが削除されてしまうといったことが起こりえます。

また、スマホに使われているフラッシュメモリに写真をデータとして保存する場合ですが、フラッシュメモリには寿命があるため、データを繰り返し保存、削除することでデータが読み出せなくなってしまうことがあり得ます。

写真として見るにはデータを読み出すための端末が必要

写真をデータ化すると閲覧するのに一手間かかるというのもデメリットの一つでしょう。もし、印刷した写真であればそれをそのまま人に見せることができます。ところがデータ化されている写真の場合、スマホやパソコンなど、データを可視化するための端末が必要になります。また、CD-Rなどに写真データを保存した場合、それらの媒体からデータを読み出す機械が必要になります。あまり製造されなかったマイナーな媒体に保存すると、将来的に読み出す機械がなくなってしまい、データは残っているのに写真を見ることが出来ないという状況に陥るかもしれません。

上記のようなデメリットを回避するためには、データの保存先を二つ以上にしておくことです。また、気に入った写真はプリントアウトしておくといいでしょう。